目指せ健康美!亜鉛摂取してキレイになりたいなら・・・食品orサプリ?

亜鉛で美容効果

亜鉛はからだへの効果が高い栄養素として近年人気があります。
亜鉛はミネラルの一種です。ミネラルというと、私たちが摂取するもので必須ミネラルと呼ばれるものには16種類あり、カルシウムや鉄分などよく聞くものなどがあります。
その中に亜鉛もあるのです。
必須ミネラルと呼ばれるだけあって、身体に必要な栄養素であることはもちろんのこと、健康の維持のためには欠かせない成分となっています。
その中で最近注目されているのが亜鉛です。亜鉛は美容と健康の効果が大いにあると言われています。

 

亜鉛の美容面の効果、女性なら誰しも気になりますよね。
亜鉛は、新陳代謝を上げる効果があると言われています。ということは、肌や髪をキレイに保ったり、荒れた部分を正常に修復する効果があるのです。
肌のターンオーバーを正常化するはたらきがあります。この効果は、大人ニキビの改善やシミやしわの改善や予防効果があります。
女性の肌の悩みの多くは20代後半になれば、多かれ少なかれ多くの人が持っていると思われますが、肌トラブルそのものはターンオーバーが関係していると言われています。
ターンオーバーは早くても遅くてもダメなのです。正常化させることが大切と言われているので、亜鉛はその役割を果たします。

亜鉛で健康効果

亜鉛は健康効果が高いということでも有名です。
亜鉛を摂取している人の多くは、その健康効果を求めている人がほとんどという意見もあります。
どのような健康効果があるかと言うと、疲労回復効果、免疫力アップ効果、味覚障害に効果、肝機能向上、記憶力向上、うつの予防と改善・・・とあらゆる効果があります。
ひとことで言えば、健康と言うのも身体の健康と心の健康、両方に効果があると言えるのです。
ですから、年齢幅広くその効果を求めて多くの人が亜鉛に注目しているのだと思います。

 

そして、健康からは少しはずれるかもしれませんが、
髪の毛に関する効果もあるということで、中年の男性には特に注目されています。髪の毛というものは、少しづつ細くなって、量が減って・・・という場合がほとんどですので、本人が気が付いたときにはかなり状態が進行している場合が多いのです。
薄毛、白髪などにもしっかり効果を発揮することが分かっています。
この効果も男性と言いましたが、男性に多いというだけで女性にも髪の悩みはつきものです。
やはり年齢を重ねると、薄毛になったり、コシがなくなったりと髪の毛そのものも老化して行くものですが、それを改善する効果があります。
これは、肌と同じように新陳代謝にも関係することではありますが、総合的にアンチエイジング効果があると言えるでしょう。

 

牡蠣エキスで健康になれるの? 

関連サイト

牡蠣エキスについて・・・亜鉛を味方に付ければ何とかなる!選びたい亜鉛サプリ

亜鉛で妊活

 

妊活という言葉をよく聞くことが多くなりました。

10年以上前と比べると、確実に不妊症で悩む夫婦は増加傾向にあると言われています。
そこには、さまざまな理由があると言われていますが、晩婚化や性ホルモンに関する問題が多くを占めているようです。

年々、初婚年齢が上がっているので30歳を超えてから結婚するという人が多くなっています。男性に関して言えば、20代で結婚している人は少ないという印象です。
また、女性も30歳くらいが平均初婚年齢になるので、どうしても30代で出産するという人が多くなっています。
もちろん、最近では40代でも出産する人も増えて来ていますし、その人個人個人で体質なども違うので何とも言えませんが、やはり年齢が高くなると妊娠率は低下してしまいます。

 

自分は生理も順調だから確実に妊娠できる!そう思っている人もいますが、それでも妊娠しないという人っているものなんです。
夫婦で病院に通っている人もいますが、公的な補助があったとしても費用もかなり掛かりますし、何しろ精神的な負担が大きいようです。
男女共に、普段から亜鉛を摂取することで、性ホルモンの正常化を促し、妊娠しやすい身体つくりをしましょう。
これには、女性だけの努力ではどうにもならない場合もあります。
できれば、男性も疲れを取る効果がある亜鉛なので、摂取して損することはまずありません。
健康作りのひとつとして、亜鉛の摂取を心がけましょう。

亜鉛ってどんな食品に含まれている?

亜鉛っていったいどんな食品に含まれているのか分からない・・・という話を聞きますが、多くの人が同じように答えます。
亜鉛のサプリメントを見れば分かりますが、食品由来の亜鉛のサプリメントは牡蠣を原料にしたものばかりです。
牡蠣という食品が亜鉛が豊富ということは、このことからも想像が付くでしょう。
牡蠣というと、貝類ということは分かっていても、実際食べたことが無いという人も多いとか。
牡蠣フライは食べたことがあるけれど、あまり好みではなかった・・・とか、独特な味がありますよね?なんて人も結構います。
それをおいしいか苦手かというのはそれぞれの好みの問題なので仕方ないのですが、確かに苦手な人にとっては、食べる機会も無いので遠い存在なのかもしれません。

 

となると、その他には?ということになるのですが、レバーや牛肉がこれに続くんです。
あ〜レバーね・・・と言う人が実際多いですよね、これも好みが分かれる食品のひとつです。まずは、独特の味があり、臭みがしっかり取れていないと結構辛い。
その上、牛肉ってお肉の中でも高いですし。
やっぱり、亜鉛摂取って難しいかな?と思ってしまいますよね。

 

この他に、パルメザンチーズも亜鉛が豊富ではあるのですが、どうも脇役的な存在ということもあってそうそう多く摂ることもできないようです。

 

牡蠣エキスで健康になれるの? 

亜鉛たっぷりメニューを知りたい

亜鉛を食事で多く摂取したいと思っていても、なかなか難しいということはなんとなく分かります。
それでも、普段の食事で少しても気を付けることができるのだとしたら、その方がいいに決まっていますよね。
亜鉛たっぷりのメニューにはどのようなものがあるのでしょうか。
亜鉛を一番多く含む食品は牡蠣、これだけは変わりようがありません。その他の亜鉛の多い食品と比べても、含有量に違いがありすぎます。
また、牡蠣はカロリーそのものが低いので、食べすぎても太るとかカロリーを摂りすぎるという心配もありません。
簡単に言えば、多く食べても安心な本当の意味での健康的な食品ということが言えるのです。
とはいえ、牡蠣そのものが高級な食品ですし、いつでもどこでも手に入れるということができません。ですから、現状としては時期として豊富と言われている秋から春先は食べることができても、その他の季節は難しいということになります。
それでも、広島県やその周辺などの地域でないと難しいでしょう。

牡蠣は、焼きガキ、生牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣鍋などありますから、もし見かけることがあれば食べるようにしましょう。

 

その他のメニューと言うと、レバーや牛肉、パルメザンチーズ、かに缶、たいらがい・・・どれもちょくちょく食べるものではありません。
私たちに身近な食品は、煮干しやごま、プロセスチーズなどがやや身近な食品でしょうか。